冷静に考えよう!自分を変える誹謗中傷対策

相手の意見を先に聞く

誹謗中傷対策として、自分を変えてみることも有効なんです。自分の意見を持っていると、つい頑固になってしまいがちですよね。自分から意見を言うよりも、まずは相手の意見を先に聞いてみるようにしましょう。相手の意見を先に聞いておけば、言い合いになってしまうということはまずありません。自分とは違う考えだとわかることで、その後の対応もうまくいくでしょう。相手の意見を先に聞くのは、簡単にできる誹謗中傷対策ですよ。

相手を批判しないこと

誹謗中傷対策では、相手をむやみに批判しないことも大切なんです。自分が批判されているからといって相手を批判してしまうと、トラブルも大きくなってしまうでしょう。批判するのは簡単なことですが、相手には嫌な気持ちを与えてしまうことがほとんどです。誹謗中傷対策やトラブルを解決するには、批判ではなく話し合いをしなければなりません。感情的になるとつい批判したくなってしまうので、まずは冷静になるようにしましょう。

あえて反応しないこと

誹謗中傷対策では、相手にあえて反応しないこともときには必要になってくるんです。相手がただの嫌がらせで誹謗中傷をしていると考えられる場合には、反応することで嫌がらせがエスカレートしてしまう恐れもあるでしょう。そのため、目的を感じられない誹謗中傷を受けたときには、反応せずに時間をおいてみることも大事なんですよ。自分が反応しないことで相手があきらめる可能性もあるので、誹謗中傷対策としても効果的なんです。

2ちゃんねるに誹謗中傷を書かれた際には2ちゃんねる削除を専門業者に依頼しましよう。早めの対策が拡散を防ぎます。